• 03-6822-9248
  • info@u-room.jp

液体を空間噴霧する方法は主に超音波式・気化式・加熱式の3種類があります。次亜塩素酸水溶液は紫外線と熱に弱い特性があるため、空間中への噴霧は超音波式と気化式の2種類に分かれます。気化式に関しては次亜塩素酸水溶液を噴霧するには効率が悪く、弊社では超音波式を採用し、エリア全体を拡散除菌しています。

超音波式

超音波式は次亜塩素酸水溶液成分をそのまま微粒子化して放出しますので、Uroomの持つ様々な機能を損なうことなくエリア全体に拡散します。

気化式

吸い込んだ空気を次亜塩素酸水溶液フィルターを通して放出するため、機器本体のロータが常に湿り菌が増殖しやすく機器自体も除菌消臭を常に行うため、効率が非常に悪い。

加熱式

加熱式は文字通り液体を加熱します。次亜塩素酸水溶液は高温になると揮発が進み、塩素濃度とともに機能が低下しますので、効果を期待できません。

RELATED CONTENTS

Uroomコンテンツ

多様な分野で活用
 

Read More

海外での活用事例
 

Read More

最先端の超音波技術と
ミスト制御

Read More

Uroomの
安全性

Read More

Uroomを使用した
活用例

Read More