• 03-6822-9248
  • info@u-room.jp

高濃度(400ppm)の
微酸性次亜塩素酸水溶液です。

次亜塩素酸水溶液は、塩や塩酸を水と電解する電気分解方式と、次亜塩素酸ナトリウムと希塩酸、水を混ぜる2液混合方式で生成されています。

当初は電気分解方式のみで生成されておりましたが、紫外線や温度の上昇によって分解が促進され、徐々に有効塩素濃度が低下するという特性があるため保存には適さず、生成後すぐに使用することとされておりました。

この繊細な特性を改善させるためにpH値や有効塩素濃度を高め、安定性が強化された2液混合方式が確立し、生成装置の無い環境でも活用できる保存性の高い次亜塩素酸水溶液の生成が可能となりました。

弊社製品「Uroom」は2液混合方式での生成を採用しております。一般的な生活環境下においてUroomの保存期間は1年以上可能ですが、様々な環境下を想定し製造から半年以内のご使用をお勧めしております。

※スプレーボトルや超音波ミスト機でご使用する場合は適正な濃度に希釈してお使いください。
※有効塩素濃度の範囲内(10~80ppm)であれば低濃度でも十分に除菌効果はございますが、Uroomでは最高塩素濃度80ppmでのご使用をお勧めしています。

次亜塩素酸水溶液は
新型コロナウイルスに有効なの?

有効塩素濃度35ppm以上の次亜塩素酸水溶液で新型コロナウイルスが不活化されると発表されました。
経済産業省 NITE(ナイト)[独立行政法人製品評価技術基盤機構]は、第5回「新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価に関する検討委員会」を6月25日に開催し、新型コロナウイルスを用いた候補物資の有効性評価結果の最終報告をとりまとめました。※1

新型コロナウイルスに有効性があるアルコールや次亜塩素酸ナトリウムは菌やウイルスの不活化までに時間を要し、また、アレルギーなど人体へ有害な影響を与えることもありますが、弊社の「Uroom」は微酸性次亜塩素酸水溶液ですので、菌やウイルスを瞬時に不活化し、高い効果と安全性が実証されております。

※1 NITE(ナイト)[独立行政法人 製品評価技術基盤機構]【ニュースリリース】

RELATED CONTENTS

Uroomコンテンツ

多様な分野で活用
 

Read More

海外での活用事例
 

Read More

空間噴霧の
仕組みの違い

Read More

最先端の超音波技術と
ミスト制御

Read More

Uroomの
安全性

Read More

Uroomを使用した
活用例

Read More